英語学習の材料置き場

上級英単語Botのエクステンションです。主にリスニングなど、英語学習に役立ちそうなものを紹介していきます。

【リスニング】18世紀のドレスの着方

中世ヨーロッパのドレスはどれも綺麗ですよね。日本の着物の着付けが大変なように、中世ヨーロッパのドレスも着付けが大変です。着物よりもたくさんのパーツがあり、メイド無しで着るのは難しいです。

今回はそんなドレスの着付けを、イギリスの博物館が解説しているビデオを紹介します。

動画

youtu.be

難易度

イギリスのリバプールにある国立博物館の動画なので、もちろんアクセントはイギリス英語です。慣れていない人にとっては聞き取りにくいかもしれません。しかしスピードはゆっくりです。

内容的には、衣服に関する単語が沢山出てきますが、それ以外で難しい単語や表現が出てくることはありません。衣服に関する単語も、動画を見ながらだと意味を察しやすいと思います。

内容

二人のメイドが、一人のお嬢様の着付けを手伝っています。

リネン製の肌着は、「シフト」と呼ばれていて、肌の上に直接着ます。洗うこともできて、服を汗などの湿気から守り、肌を洋服との摩擦から守ります。これは見えてはいけない服で、パンツなどの穿くものはありませんでした。

羊毛やコットン、シルクなどでできた「膝ストッキング」は、機械生産だったり手編みだったりしました。「クロックス」と呼ばれる刺繍が足首のあたりにほどこされてます。ビザ上に「リボンガーター」が締められていましたが、歩いたり踊ったりするときは、ひざ下にガーターを締めて、そこにストッキングを巻き付け、ずれないように固定しました。

「ディッキーペチコート」は、白いリネン製のひざ丈ペチコートです。保温と上品さのために着ました。

「ステイ」は何層ものリネンからできていて、クジラのひげで締めます。平たく無地のものもあれば、布で飾られているものもありました。これは、体の形を、18世紀の特徴である、平らな背中、円錐形で細いウエスト、そして高い胸に矯正しました。

「ポケットバッグ」は、布の紐についていて、ウエストで締められ、おしりの高さにつけます。スカートの左右は空いていたので、そこから手を入れて使うことができました。無地だったり布で飾ってあったり、刺繍されていたり、この動画のようにパッチワークでできていました。きちんと結ばれていないと、ポケットが落ちてしまうこともあります。ルーシー・ロケットはポケットをなくしてしまい、キティー・フィッシャーがそれを見つけました。ペニー硬貨すら入っておらず、リボンが巻かれていただけでした。(ルーシーとキティーは、イギリスの子守歌に出てくる人物です。下に歌詞を載せておきます)

「パニエ」またの名を「ヒップパッド」は、スカートを押し上げて、細いウエストを強調するために着られました。ヒップパッドは、先が細くなっている巻かれた布で、ウエストに巻かれました。いろいろな素材でできていて、羊毛のもあれば、コルクで作られたものもありました。

少なくとも一層の丈の長いペチコートを着ます。冬には、ペチコートの下に、羊毛でできた刺し子が着られました。

日中は、シルクかリネンのネックカチーフかフィシューを、保温と上品さ、そして直射日光を避けるために、胸のあたりで結びました。洋服の中にはさんだり、肩にかけたりもしました。胸の前で交差させて、背中で結ぶ着方もありました。

「スタマッカー」は、体の正面に来る、布の飾りパネルです。補強して硬くしたり、裏地を付けて硬くしたりしました。下に着ているステイに留めるために、両側に三つのタブがあります。スタマッカーは豪華に飾られていて、いろいろな洋服と合わせて着たり、同じ生地や模様の服と合わせたりします。

「ガウンペチコート」は、ガウンと対照的な色だったり、同じ色だったりしました。シルクやリネンで縫われていて、サイドにポケット用の切り込みがあります。寒い日には繊細な刺し子の入ったペチコートも着られました。

「ガウン」はスタマッカーの端にピンで留めて着ます。メイドはエプロンによだれかけのような胸当てを付けて、そこにピンを刺していました。pinafore(子供用エプロン)という言葉の由来です。そこにピンを指すことによって、女主人の着付けの準備をしたのです。ガウンのスカート部分にあるリボンを結んで、スカートを軽く上げます。

「デイキャップ」は全階級の人々が着ました。実用的なものから、装飾用まで様々です。

最後に、薄いシルクか刺繍された織物でできたエプロンを着ます。実用性はありませんが、着ている人の地位を示すために着られました。お金をかけている、ということを引き立てるためのものです。

 

f:id:lily331:20170623235937p:plain

補足

途中、ルーシーとキティーの話が出てきましたが、これはNursery Rhymeと呼ばれている、イギリスやアメリカの子守歌の一つです。

Lucy Locket lost her pocket,
Kitty Fisher found it;
Not a penny was there in it,
Only ribbon round it.

意味はいろいろな説がありますが、明らかなのは、ルーシーは貧しく、キティーは美しいお金持ちだったということです。モデルになったのが誰なのかも諸説あり、どれも確かではありません。

ポケットにリボンを巻き付けるのは当時の売春婦の習慣であった、という説も存在します。詳しくは下のリンクに書いてあります。

Origins: Lucy Lockettreasuryislands.wordpress.com